ネット上の書き込み、削除出来ますか?

1 インターネットの普及・発達によって、人々の生活はますます便利になってきています。しかし一方で、ネットを巡る犯罪やトラブルというものも後を絶ちません。

 

特に、匿名性の高い掲示板等への書き込み(投稿)は、その気軽さに反して重大な他者の権利侵害等を惹き起こすものである点で、様々な問題を孕んでいます。

 

2 他人の書き込みの削除

⑴ 他人から自分の個人情報や誹謗中傷される内容の書き込みがなされた場合、そのまま放置しておくと情報の拡散も考えられ、大変な事態です。では、それらの書き込みを削除してもらうことは出来るでしょうか。

 

⑵ まず考えられるのは、対象となる掲示板等のサイト管理者に対し、自主的な削除(送信防止措置と言う場合もあります)を求めることですが、必ずしも任意に削除に応じるとは限りません。

任意削除に応じてもらえない場合、法的には名誉毀損やプライバシー侵害等の人格権侵害の状態であると言えることから、一定の手段・手続が考えられます。

 

⑶ 書き込みの削除を求めて訴訟(裁判)を提起することが考えられますが、そこで判決を得るまでには一定の時間がかかります。現に被害が発生している場合には、悠長なことは言っていられないですから、そのような場合には、仮の救済手段として、削除の仮処分を申し立てることが有効です。

 

ただし、仮処分の場合は、被保全権利(この場合は、侵害情報に対する削除請求権)の存在に加え、保全の必要性(裁判を待っていては権利実現が難しくなること)を疎明(一応確からしいと認められることを意味します。)することが必要です。書き込みから長期間経過後にそれに気づいて削除請求をするような場合などには、保全の必要性が認められない可能性があるので、注意が必要です。

 

⑷ ところで、以上の手段は、サイト管理者が判明している場合を前提にしています。対象のサイト上に管理者が明示されていれば問題はありませんが、匿名で運営されているサイトも少なくありません。

 

そうした場合、ウェブサイトのURLを手がかりに管理者を特定する手段も考えられますが、関係者が複雑に関与している場合には有効でないこともあり、また、法的手続きとしても確立されていないのが現状です。

 

3 自分の書き込みの削除

⑴ 自分の書き込みについては、どうでしょうか。これには、他人の権利を侵害するような書き込みをしてしまったので大事になる前に削除したい、自分の個人情報を書き込んでしまったので削除したいといった場合が考えられます。

 

また、最近では、ビジネスや就職活動といった場面でも、取引相手や採用予定者の素性を判断する一方法として、ネット上で氏名等の検索をし、どのような情報発信をしているかを確認することもあると聞きます。このような可能性に備えて、例えば就活生が若気の至りで書き込んでしまった情報を削除したいと考えることがあり得ます。

 

⑵ このような場合、書き込んだことは自らの責任ですから、書き込んだ人自身には特段の権利侵害はないということになります。書き込みをした張本人なのだから、当然に削除・変更は出来るはずだと考える方もいるかもしれませんが、掲示板への書き込みに関してはサイト管理者に対して著作権を放棄すると規定されている場合も多く、根拠となる権利がない場合が多いのです。

 

そうすると、あくまでも任意の削除をサイト管理者に対して求めるしかなく、拒否されることも少なくないと思われます。

 

⑶ もっとも、他者の権利を侵害するような書き込みについては、その被害者自身から削除を求めるという手段が考えられ、その場合は、上記2のとおりの流れとなります。

 

しかし、被害者自身に削除をお願いすることが出来るかどうかは、実際上の困難が伴うと思われます。特に、被害者に明らかになる前に削除してしまおうと考えた場合には、連絡をすること自体難しいでしょう。

 

4 以上見てきたように、ちょっとした掲示板への書き込みだからといって、簡単に処理ができるというものではありません。自分で書いたことの方が、対処が困難というのは、非常に悩ましい問題です。

 

ネットの持つ問題点や危険性を十分に認識し、安易な書き込みをしないことが、まずは大切だと思われます。

(上杉謙二郎)