スタッフブログ

セミナーの様子

20180621-2 平成30年6月21日午後から、賢い建物オーナーセミナー~バブル期の建築物ケア~と題し、一級建築士で株式会社柳澤設計事務所代表の柳澤講次先生から、お話をお聞きしました。バブル期から、はや30年経過し、その当時の建物も相当古くなっており、人口減少社会を迎え、この建物をどうするか課題となります。取り壊して建て直すのか、リフォームして延命を図るのか、それとも売ってしまうのかetc。

特に分譲マンションについては、悩ましい問題で、建て替えを進めていくのも至難の技で、建て替えありきではなく、長期のスパンで計画的に延命を図っていくというのも一つの方法であるという先生のお話は、目から鱗の話でした。

参加者を交え、話は街作りやそれを支えるNPO活動にも及び、楽しく有意義なひとときでした。(池田伸之)