ホームロイヤー

空き家対策本格化-実家を空き家にしておくとどうなるの?

誰も住まなくなった空き家は、近隣住民にすれば不安の種でしたが、昨年平成27年5月26日から完全施行された「空き家対策特別措置法」では、①倒壊の恐れや保安上の危険のある状態、②著しく衛生上有害となるおそれのある状態、③適切な管理の行われないことにより著しく景観を損なっている状態、④その他周辺の生活環境の保全のために放置することが不適切である状態にある空き家を「特定空き家」とし、立入検査のほか、持ち主に取り壊しや修理改修をするように、自治体が指導、勧告、命令をすることができるようになり、更に従わないと、行政代執行の方法で強制執行が可能です。 (さらに…)

超高齢社会で期待される弁護士・弁護士会の役割

私事で恐縮ですが、弁護士になって30年が経過しました。振り返ってみると、高齢者の問題に関わるようになって20年を過ぎ、自分自身も50代になりました。これまで幾人もの成年後見人や私的な財産管理人を務めさせていただきました。 (さらに…)

投資信託や仕組債には慎重に

預金のレートが恒常的に低い中、有利な資金運用と称していろいろな金融商品が開発、販売されています。特に、最近は、そのシステムが複雑で、銀行や証券会社の担当者の説明を聞いても、その仕組みやそのリスクがどの程度のものであるか理解できない商品が、ハイリターンの名の下に販売されています。 (さらに…)